クルアーンの対訳 - クルアーン簡潔注釈(日本語) * - 対訳の目次


対訳 章: クライシュ族章
節:
 

クライシュ族章

本章の趣旨:
بيان نعمة الله على قريش وحق الله عليهم.
アッラーがクライシュ族を好まれた理由と、そのために生じる義務。

لِإِيلَٰفِ قُرَيۡشٍ
クライシュ族の慣習とその慣れ親しんだことのため、
アラビア語 クルアーン注釈:
إِۦلَٰفِهِمۡ رِحۡلَةَ ٱلشِّتَآءِ وَٱلصَّيۡفِ
冬イエメンへ、そして夏シリアへ、かれらが旅する安全のため。
アラビア語 クルアーン注釈:
فَلۡيَعۡبُدُواْ رَبَّ هَٰذَا ٱلۡبَيۡتِ
かれらの旅を容易にされるこの家(カアバ)の主人(アッラー)だけを奉るように。並置される何ものも、崇拝してはならない。
アラビア語 クルアーン注釈:
ٱلَّذِيٓ أَطۡعَمَهُم مِّن جُوعٖ وَءَامَنَهُم مِّنۡ خَوۡفِۭ
禁忌を守り、住民を尊重することを通じて、かれらの心に置かれたもので、アッラーはかれらの飢えには食物を与え、かれらの恐怖には安全を与えられた。
アラビア語 クルアーン注釈:
本諸節の功徳:
• أهمية الأمن في الإسلام.
●イスラームにおける安全の重要性。

• الرياء أحد أمراض القلوب، وهو يبطل العمل.
●見せかけは心の病で、それは行動を無効にする。

• مقابلة النعم بالشكر يزيدها.
●恵みに対して感謝をすることは、さらに恵みを増やしてくれる。

• كرامة النبي صلى الله عليه وسلم على ربه وحفظه له وتشريفه له في الدنيا والآخرة.
●預言者(アッラーの祝福と平安を)のアッラーに対する崇敬、保安、栄誉などは、現世と来世のもの。


 
対訳 章: クライシュ族章
章名の目次 ページ番号
 
クルアーンの対訳 - クルアーン簡潔注釈(日本語) - 対訳の目次

クルアーン簡潔注釈(日本語)クルアーン研究注釈センター発行

閉じる